消費者金融も銀行カードローンも選択肢はたくさんあります

急に家族が入院してしまうと、お金がどんどん出ていってしまいますよね。貯金がいつの間にか底をついていたということにもなるかもしれません。

そのようなときにはお金を借りることになると思います。お金を借りることのできるのは銀行や消費者金融などです。

銀行といっても、三菱東京UFJ銀行のような大手銀行、京都銀行のような地方銀行、セブンアンドアイグループのセブン銀行などの流通系銀行、じぶん銀行などのネット銀行などたくさんあります。

どこの銀行もほとんどがインターネットで申し込みができるため、どこの銀行を選んでもあまり問題はないような気がします。提携のATMで借り入れや返済もできます。

また即日融資を希望している方はできるだけ午前中には申し込みを完了するようにしましょう。

申し込みが夕方では審査などが当日中ではできず、融資は翌日以降になってしまう可能性が高いです。お金を借りるときには余裕を持って申し込みをしましょう。

 

借金返済のために助けを借りる

借金返済ができなくなると、まず知人や親族に借金を申し込むことになります。

ここで借金返済ができるなら問題はないのですが、あまりにも借金が膨らむと債務整理をしないといけなくなるので、計画を立てながら借金をしないといけません。

借金返済の目標の立て方は、年齢がいくつになる前に全額返済するなどの目標を持つようにすると、返済がしやすくなります。金利の計算も大切なことから、おまとめローンやノーローンなどを使い分けながら上手に返済をしたいものです。

もしも、借金返済で行き詰ったら、専門家に相談してみるといいかもしれません。

専門家とはファイナンシャルプランナーの資格を持っている専門家ですが、ファイナンシャルプランナーなら借金返済に向けて何らかのアドバイスをもらえることができます。

どの部分の生活費を切り詰めるといいのかということを教えてくれますので、借金返済の助けになるでしょう。また、ファイナンシャルプランナー以外にも専門家はいますので助けを借りるといいかもしれません。

 

所得証明書不要のローンはある?

ローンでお金を融資するときは、たいてい所得証明書が必要です。所得証明書不要なところは銀行系ではあまりありません。

銀行はやはり審査基準が厳しいのが特徴です。銀行系はとても審査基準が厳しいですが、その分対応もとても良いです。

所得証明書不要のところがなかなかないので、民間の消費者金融などから助けてもらう事も可能です。

しかし、やはり銀行に比べると対応は若干劣る事もあるかもしれません。しかし、頻繁に融資を受ける事も可能なので、銀行系が難しかった人は今一度考えてみて下さい。

借金をした時は、だいたい勤務先にも影響を与えてしまう事があり、職を失っている時もあります。そんな時に所得証明書の発行は厳しいです。所得証明書発行不要のところであれば安心できます。

数は少ないですが、無職でも貸してくれるところはあるので、諦めずに相談してみる事が重要です。借金は頻繁にはしないようにして下さい。銀行系からの信用もなくなります。