みずほ銀行なら無収入でも条件次第で借りられる

お金を銀行や消費者金融などの金融機関の融資で借りるときは必ず、審査に通ならければなりません。大抵は安定的な収入がある場合に有利とされており、正社員として定職についていなかったり、一年も働いていなかったりした場合は審査から落ちてしまう可能性が十分にあります。

ところが、みずほ銀行のカードローンの審査は少し条件が異なっております。確かに、安定的かつ継続的に収入が見込める人の条件はあるものの、ニートなどで無職であったり、フリーターであったりして収入条件を満たしていない場合でも配偶者が収入条件を満たした場合、申し込むことができるのです。

限度額が30万円に下がってしまうものの、借りれるのとそうでないのは雲泥の差があります。

申し込む際は運転免許証や住民票の写しなどの本人認証書類と源泉徴収票など収入を確認できるものが必要になりますが、借りるお金の額が200万円以下ならば後者は必要ないので、自分がニートでも、夫(妻)が普通に働いていた場合ならばお金を借りることができるのである。

 

十分ではないが、少しでも高い定期預金を見つけよう

ただ何も考えずに、とある銀行の定期預金に10年預けて受け取った利子の額に満足するという時代は終わりました。大抵の銀行の定期預金の金利は2年預けても、5年以上預けても年0.01%と同じで、長期間預けて多くのお金を獲得するという考え方はもはや成立しないと思います。

しかし、少し知恵を働かせれば、昔のように「100万円を10年間の定期預金に預けて20万円の利子をゲットして生活していけるのに十分だ」というほどではありませんが、少しでも高い利子の銀行口座を見つけることは可能だと思います。

たとえば、とある西日本のネットプラス定期預金の金利は1年物で年0.2%、3年物で年0.25%もあります。

インターネットバンキングを契約して、かつ最低10万円を預けなければならないという条件はありますが、普通の定期預金の金利の20~25倍なので、かなりお得になっております。また、ネット銀行の定期預金の金利だと、預ける所や額に依りますが、最大年0.2%つくところもあります。

 

初回契約後に通知される番号を忘れない

人々は、たまに大手消費者金融を考えています。資金調達がどうしても必要になったので、キャッシングを検討する事はあるでしょう。元利一括返済方式が可能か否かで、会社を選ぶ人々もたまにいます。

番号に関する事柄は、少し注意を要するでしょう。発行される番号などは、原則として控えておくべきです。なぜなら今後の利用時に、それが大抵求められるからです。

ATMなどを利用する際には、必ず番号入力が求められるでしょう。入力しなければ、入出金をする事ができません。したがって番号を忘れない事が、非常に大切なのです。全く同じ事は、上記で触れた賃金業者に対しても該当します。忘れてしまえば非常に面倒な事になりますから、自分なりに管理する必要があります。

ちなみに番号などは、初回契約後に発行される事になります。郵送やメールなど、発行方法は会社によって異なります。それを自分なりに控えておいて、紛失しないよう対策を考える事は大切です。